Memorandums?

This blog is written about technical-discovery and daily-event.

電線の種類 17th-day

Commentary.

電線には、様々な種類がある。
その中の一つに、複合ケーブルというものがある。
複合ケーブルとは、電線と電力保安通信線とを束ねたものの上に保護被膜を施したケーブルのことである。

また、他にもケーブルには、裸電線や絶縁電線があるが、これらの接続には決まりがある。

  • 電線の電気抵抗を増加させない接続方法であること。
  • 電線の引張り強さを20%以上減少させないこと。
  • 接続には、接続管および専用器具、ロウ付けすること。
  • 絶縁電線相互を接続する場合に、絶縁電線の絶縁物同等の絶縁効力のあるもので被覆すること。

また、ケーブル・キャブタイヤケーブル・コードを直接接続するには、条件がある。

  • 断面積  8{mm}^2以上のキャブタイヤケーブル
  • 金属被覆のないケーブル
このいずれかを満たすものは直接接続できる。
金属被覆のないケーブルとは、VVケーブルなどがある。

電線の強度に関して、
電気設備の保安のために施設する線は、通常の使用状態において、断線の恐れがないようにしなければいけない。
接続時には、電気抵抗の増加を抑え、絶縁性能の低下、通常使用状態での断線がないようにしなくてはいけない。

Consideration.

覚えるべき点は多いが、難易度の高い部分に絞って解説した。
ケーブルには、様々な種類があり、把握しにくいが、
電気抵抗の増加を抑える・断線しないようにするなど、常識的なことも多い。