Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Memorandums?

This blog is written about technical-discovery and daily-event.

原子力発電の計算 37th-day

Question.

熱効率32%の原子力発電において、
 {}^{235}U1gで、質量欠損が0.09%であったとき、
発生電力量[kWh]はいくらか。

Solver.

原子力発電では、核分裂反応の質量欠損分がエネルギーとなる。
この問題を解くために重要なのは、エネルギーの公式である。
 E = mc^2
まずは、質量を求める。
 m = 1 \times 10^{-3} \times 0.09 \times 10^{-2} = 9 \times 10^{-7} [kg]
cは光速であり、 3 \times 10^{8}[m/s]である。
よって、
 E = mc^2 = 9 \times 10^{-5} \times 9 \times 10^{16} = 8.1 \times 10^{10}[J]
 1kWh = 1000 \times 3600 Ws = 3.6 \times 10^6J
なので、
 \frac{8.1 \times 10^{10}}{3.6 \times 10^6} = 7200kWh
となる。


Consideration.

今回は、原子力発電量の計算問題である。
 E = mc^2さえ覚えれば、問題はない。