Memorandums?

This blog is written about technical-discovery and daily-event.

電験3種 体験記と勉強法

平成28年度の第三種電気主任技術者試験を受験し、
翌日の公式解答で自己採点した結果、おそらく合格することができました!
試験時間が余ってマークミスなども念入りにチェックはしているのでたぶん、たぶん大丈夫だと思います。

忘れないように、合格までの道のりと自分の勉強法をまとめておきます。


11/6追記
10/24ごろに合格通知が届きました!
改めて見返すと、文章がハチャメチャだったので、少し記事を修正しました。

[受験年度]
平成26年度・平成27年度・平成28年

[合格科目]
理論→電力→機械・法規

[合格した点数]
理論: 65点(正確には不明)
電力: 55点
機械: 80点
法規: 62点

[使用したテキスト]
完全マスター理論・電力・機械・法規
電験三種過去問題集(10年分)(電気書院)

完全マスターは本当に網羅されていて頼りになりました。
この過去問題集は10年分も収録されている&左側問題/右側解説でとても勉強しやすかったです。
ただ、やっぱり電験の場合は、過去問よりも圧倒的にテキストでの勉強が重要です。
その他、参考書やセミナーなどは利用していません。

[専門分野]
電子情報系(情報寄り)

[得意分野]
数学・情報・単相電気回路・物理(電磁気・基本的な力学)

[勉強時間]
時間は測ってはいません。
学生なので、3年間の春休み・夏休み期間中を利用しました。

[自身にとっての難易度]
法規 >> 機械 > 電力 >> 理論

[感想]
正直なところ、1年目・2年目は電験3種を甘く見ていたかもしれません。
というよりも、1・2年目は、初めから「すべてを理解しよう」として、「暗記」をほとんどしようとしなかったのが最大の反省点だったと思います。

ここからは年ごとに振り返っていきます。

[1年目]
1年目は「目指せ!全科目合格!」と意気込んでいました。
ところが、実際勉強を始めてみると、電力・機械・法規の内容が全くと言っていいほど、頭に入りませんでした。
理論に関しては、学校の授業(電気回路・数学・電磁気学)や電気工作で既知の部分が非常に多く、三相交流以外は問題ありませんでした。
そのため、理論は無事合格できましたが、その他の科目は、実力通り撃沈しました。

[2年目]
2年目は「目指せ!電力・機械合格!」という目標を立てました。
勉強を始めると、
電力は、発電所の話がとても面白く感じ、用語などは比較的すんなり頭に入ってきました。
また、ベルヌーイの定理や出力計算なども物理が好きだったので、基礎から理解できました。
電力の最大の問題点は、理論でも立ちはだかった、「三相交流」でした。
これがどうにも理解できませんでした。
機械は、情報系は得意分野で全く勉強する必要がありませんでした。
実際には見たことのない電動機・発電機の仕組みや原理は、さっぱり理解できず、とても基本的な計算のみ頭に叩きこみました。
そして、2年目の試験は、
電力はB問題の三相交流計算はほとんど間違ってしまいましたが、A問題の正答率の高さでカバーし、
55点というヒヤヒヤする点数ではありましたが、なんとか合格できました。
機械は、「電動機・発電機の原理を理解していないこと」・「三相交流が苦手なこと」この2つの理由で40点程度しか取れず受かることはできませんでした。

ちなみに、1・2年目はほとんど「暗記」をしようとしなかったため、
ほぼ全てが暗記科目である法規はまったく太刀打ちできませんでした。(法規の計算もあまり対策していなかった)

[3年目]
3年目は、ここで受からなければ理論が失効してしまうことや、専門が情報系であるのでいつまでも電験に時間を取られるわけにはいかないというプレッシャーから
「絶対に機械と法規を取らなければいけない!」と考えていました。
「2年間曲がりなりにも勉強してきたことによる慣れ」と「意味が分からないこともとりあえず暗記することを決心したこと」によって、理解量が圧倒的に増えました。
機械は、三相交流はパターンを押さえることによって得意になっていき、誘導機の原理などもとりあえず覚えることによって、徐々に理解できるようになりました。
そして、計算問題ならほぼ間違えることはないと思えるようになりました。原理も大体は理解できました。
法規は、暗記が苦手だったので本当に時間がかかりましたが、なんとか頭に叩き込むうちに徐々に他の知識などと結びついて楽しくなっていき、
基本的な条文や数値だけはなんとか覚えました。
また、三相交流が理解できるようになってから法規の計算が格段に解けるようになり、試験直前には、計算問題はどんな問題が来ても絶対に解けると思えるようになっていました。
そして、3回目の試験では、
機械は問題自体が簡単であったことや、計算が多かったことから、かなりの数の問題を自身をもって解け、結果的にも80点を取ることができました。
法規は、計算問題が少なく難化傾向にあった上に、覚えた条文などはほとんど出ませんでしたが、
計算は100%正解し、文章問題も基礎的な理論や計算の知識から選択肢を2択程度に絞り込むことができ、62点でなんとか合格できました。
自己採点で合格が分かったときはもう...感激でした(泣)

[まとめ]
この3年間を振り返ると、初めは理論を重視しすぎるあまり、難しくて結局理解できず、あきらめてしまっている状態でした。
これを、とりあえず暗記して、あとから理解につなげる方針に変えたところ、徐々に頭の中でさまざまな理論がつながり、一気に理解の幅が増えました。

「薄くでもいいので、基礎を広く」が電験のコツ(?)かもしれません。

自分は暗記が大の苦手だったからで、暗記が得意な方は、ある程度は理解しなくても突破できるかもしれません。
ただ、やはり、実際の様々な場面で生かしたいのなら理解は欠かせないと思います。


また、当たり前ではありますが「三相交流は大事」ということです
ですが、理論で三相交流を勉強してもあまり面白くないので、機械や電力の実際の問題などで、どんな感じに使うのかのイメージを掴んでいくのがいいかなと思います。
法規に関しては、「とにかく計算問題を完璧にする」ことです。
条文はいくらでもありますし、覚えるのはキリがなく、文章問題を本番で確実に解くというのは極めて厳しいです。なので、計算で稼ぎ、あとは文章問題で点を補充するのがベストかなと感じました。

2年目までの浅い理解のまま、たまたま合格できていても、正直、今後の役にはほとんど立たなかったと思いますし、
原理がある程度わかって楽しくなった状態で合格できたのはとてもとても大きかったです。

電験2種/1種と上はまだまだありますが、
電験3種の勉強で、電気の楽しさが分かり、根気も鍛えられたので、自分にとっては本当に良かったです。

...というわけで、情報系の研究者になりたいので、電験2種以上は目指しませんが、
知識などを忘れないように、今後も定期的に電験の問題解説や電気系の原理・計算の解説をしていきたいです