Memorandums?

This blog is written about technical-discovery and daily-event.

旋盤 切削速度と主軸回転数


旋盤を最近よく使いますが、主軸回転数などは
この材料なら、どのくらいの速さがいい?
と聞いていました。
それでは、ダメだ!と思ったので、調べてみます。


切削速度は以下の式で与えられます。

V = πdn / 1000 (m/min)
※d: 工作物直径(mm), n: 主軸回転数(rpm)

主軸回転数は以下の式で与えられます。

n = (V × 1000) / (d × π)

n(主軸回転数)はV(切削速度)の式変形で求められます。

主軸回転数早見表
工作物の直径(mm)
工作物 切削速度(m/min) 5 10 20 30
アルミニウム/真鍮/銅 50 2520/2860 1630/1845 740/845 450/520
20 850/970 450/520 230/260


2500rpmは怖い...(笑)
確かに計算で求めることが可能ですが、
実際旋盤を動かしてみて、"キッー"というような音がしたら、
適切な速度で無いと判断し、変更するといいです。
なぜ計算が絶対で無いのでしょうか?
その原因は、いくつかあります。

  1. 工作物のたわみ
  2. バイトの問題
  3. 旋盤の問題
①は、心押台を使えばなんとかなる場合もあります(センターポンチを打つように!)
②はバイトを正しく選び、回転の中心に刃が当たるように厳密に位置決めをすれば、
ある程度は大丈夫でしょう
②の僅かな誤差や③の旋盤の問題により、条件が変わることが原因と考えられます
(詳しいわけではないですが...)